【西東京市保谷町】 糖尿病 高血圧 頭痛外来 物忘れ外来 めまい 予防接種 健康診断

石川クリニック

042-464-1550※診療時間内にお願いします
〒202-0015 東京都西東京市保谷町2-6-1

脂質異常症

脂質異常症について

脂質異常症とは?

以前は「高脂血症」と呼ばれていた病気で、血液中のコレステロールや中性脂肪が基準より高く、体の中に余分な脂質が蓄積してしまっている状態のことです。

コレステロールには悪玉(LDLコレステロール)善玉(HDLコレステロール)があります。悪玉のLDLコレステロールが体の中にコレステロールを運んでいるのに対し、善玉のHDLコレステロールは体の中のコレステロールを回収する役割を果たしています。そのため、HDLコレステロールが低くても体の中にコレステロールがたまり易くなってしまうのです。

脂質異常症だと何が怖いの?

高血圧と同じように、脂質異常症というだけでは自覚症状はでないことがほとんどです。

脂質異常症に長くかかっていると、血管の壁にコレステロールが蓄積しプラークと呼ばれるかたまりを作ります。プラークが大きくなれば血管は狭くなり、血液の流れが滞りやすくなります。

プラークが壊れるとその部分に血栓が蓄積し、より血液の流れを阻害し、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。

また、中性脂肪は、体の中で使われなかったエネルギーが貯蔵されているものです。中性脂肪が蓄積されれば肥満の原因となり、糖尿病を合併しやすくなります。

高血圧の原因は?

高血圧は本態性高血圧(これといった一つの原因がない高血圧)と二次性高血圧(原因がはっきりしている高血圧)に分けることができます。

日本人の8~9割を占める本態性高血圧は、食生活(塩分過多)や遺伝、ストレスなど様々な原因が組み合わさって起きます。高血圧は家族性の要因が60%あると言われており、ご両親のどちらかが高血圧の方はより一層注意する必要があります。

二次性高血圧はホルモンの異常、腎臓疾患などの病気により二次的に血圧が上がっている状態のことです。この原因を取り除けば高血圧が感知する可能性があるため、高血圧を診断する際にはホルモン値や腎機能などをチェックする必要があります。

LDLの数値目標

LDLを下げる目標値は、持病によって異なってきます。

冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)を起こしたことがある方

100mg/dl以下

糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症(足の血管が細くなる疾患)がある方

120mg/dl以下

危険因子
(①男性45歳以上、女性55歳以上 ②喫煙 ③糖尿病(予備軍も含む) ④高血圧 ⑤HDL 40mg/dl以下 ⑥冠動脈疾患の家族がいる)のうち3つ以上がある

120mg/dl以下
持病が多いほど、目標値が厳しく、投薬の必要性が高いことが多くなっています。それ以外の人は、140mg/dlを目指しましょう。
診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00
休診日木曜・日曜・祝日
お問合せ先
042-464-1550
アクセス
住所
〒202-0015
東京都西東京市保谷町2-6-1
最寄駅
西武新宿線「西武柳沢駅」北口 徒歩3分
駐車場
2台分完備
求人情報