メインビジュアル

西東京市 保谷町 糖尿病 高血圧 頭痛外来 物忘れ外来 めまい 予防接種 健康診断

〒202-0015 東京都西東京市保谷町2-6-1

お問い合わせ042-464-1550

MENU

しびれ numbness

しびれについて

しびれは大きく分けて2種類

患者様が手足の「しびれ」を訴える時、二つの症状の可能性があります。

・しびれて動かない、力が入らない・・・運動障害
・ジンジン、ビリビリとしびれる、感覚がない・・・感覚障害

同時に運動、感覚の両方のしびれが出現することもあります。

運動障害

突然起きた場合には脳卒中の可能性があります。特に片側の手足が同時に動きが悪くなった場合にはその可能性が高いため、すぐに救急車を呼ぶべきです。“手だけ”“足だけ” の場合には、脊椎の問題(脊柱管狭窄症)や末梢神経の問題でも起きることがあります。

末梢神経の原因で多いのが、圧迫性によるものです。寝ているときに腕枕をして神経を圧迫し、翌朝腕が上がらなくなることはよくあります。(橈骨神経麻痺)

 

 

運動障害

感覚障害

突然起きた場合にはやはり脳卒中の可能性もありますが、多くは脊髄や末梢神経の障害です。「しびれている」が「痛い」というレベルまで行ってしまうこともあります。(神経痛・神経障害性疼痛

この場合には、放置すると痛みが慢性化してしまう可能性があるため投薬治療(痛みのコントロール)が必要です。

 

 

感覚障害

まずは神経診察

どの部分がしびれているのか、ほかの神経症状はないのか、神経学的診察を行います。中枢性(脊髄や脳が原因)なのか末梢性(末梢神経が原因)なのかを判断し、必要に応じて脳脊髄のMRIや末梢神経の検査(神経伝導速度検査)が必要な場合には協力医療機関に依頼いたします。

TOP